税務顧問

会社設立後の注意ポイント

青色申告、役員報酬の決定、会社設立後の届出と、会社設立はやることが盛りだくさん。
設立後に最も気を遣うべきポイントはどこ?

6コマで分かる!会社設立後の注意ポイント

知らないと損する、税金のこと

新規に事業を始めた方は、事業が軌道に乗るまで得意先開拓、仕入先選定、価格設定、スタッフの雇用、銀行融資等多くの仕事を経営者自身で行うことになります。そのため経理・会計業務まで行うことは難しく、後回しになりがちです。しかし、会計事務所に最初から相談しなかったことにより起こる事態も多々あります。

・青色申告の届出をしていなかったため、各種税金の特典を受けられなかった
・市販の会計ソフトを購入したものの活用できず、結局決算時に申告を依頼することになり、余計に費用がかかった
・本来受けることができた消費税還付を受けることができなかった
・決算近くになり慌てて税理士を探したものの、時間と手間がかかった
・税務署に届出書等の提出しておらず、重要な書類が一切届かない

創業時に決定したことで、後々の税金が大きく左右されます。上記事態を避けるためにも、創業時から顧問税理士をつけることが重要となります。
当事務所は節税や融資のほか、多くの企業を見てきた公認会計士・税理士だからこその経営アドバイスなど、多様な視点からお客様の5年後・10年後を見据えた創業支援を行います。

料金やサービス内容は?

当事務所は「丸投げ税務顧問」「税務顧問(ご自身で記帳)」「決算・申告のみ」の3プランをご用意しており、会社設立後のご要望に沿った税務サービスをご提供します。
設立後の会社にも安心の低価格プランとなっていますので、ご興味いただきましたら是非お問い合わせください。
貴社に最も合ったプランをご提案させていただきます。

料金

案件規模・内容に応じ個別にお見積りを出させていただきます。
まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

https://accounsel.co.jp/wp-content/uploads/2021/07/butler-300x300.png

お問い合わせ・ご相談窓口

お問い合わせから初回面談まで、全て無料です。
お電話、またはお問い合わせフォームから
まずはお気軽にご相談・ご連絡ください。

お電話:03-6823-5642
(受付時間:平日9:00~19:00)

TOP