BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表ブログ
  4. 毛利探偵事務所を目指す3つの理由

毛利探偵事務所を目指す3つの理由

会計事務所を運営するに当たっては、所長ごとに目指す理想があります。規模の大きい事務所にしたい~、スタートアップ向けにサービスを提供できる事務所にしたい~などです。

そこで当事務所の将来像を考えたときに、意外と毛利探偵事務所(名探偵コナンに登場する、毛利小五郎が運営する探偵事務所)は理想かもしれないと感じたので、今回は箸休め記事として、毛利探偵事務所から学ぶべき点を書いてみようと思います←

理想その①:課題解決率100%!

小五郎のおっちゃんが絡んだ事件は少なくとも数百件あろうかと思います(件数を簡単に調べてみたのですが、残念ながら出てきませんでした)。これだけの件数がありながら、毛利探偵事務所が失敗した事例を見たことがありません。全ての案件で犯人の発見、依頼人の希望業務満了となっており、その課題解決率は驚異の100%です。おそらく顧客満足度も相当高いものになっていると推察されます。
業務難易度が高いと思われる探偵業務で、課題解決率100%はすさまじい数字ではないでしょうか。

犯人の特定は出来ませんが、お客様の課題を100%解決できる会計事務所になることは究極の理想形と言えますね。

理想その②:所長が寝ててOK

小五郎のおっちゃんと言えば「眠りの小五郎」と評される有名な探偵です。事件解決中に起きているように見せかけて、実は本当に眠っています。なんと眠っている間に事件が解決しているのです(!?)
その他にも仕事中に競馬や競輪に勤しみ、日頃テレビを見て過ごしたりと、とても名探偵とは思えません。にもかかわらずあれだけの活躍ができているのはなぜでしょうか。

「超優秀な人材がいる」からですね。(言うまでもありませんが、コナン君のことです。)

所長が何もせずとも業務が回るくらい社員が優秀であり、そんな優秀な社員を育て、当事務所に愛着を持ってもらえることが出来る事務所、理想形です。
当事務所もアットホームな雰囲気の中にありつつ、会計・税務を楽しみお客様のためになることができる社員に育つ事務所を目指していきたいと常々考えています。

理想その③:アフターフォローも完璧

小五郎のおっちゃんは改善の見込みがある犯人に対するアフターフォローも行っており、逮捕した犯人に対して仮出所の際に出迎えたり、本気で後悔している人に対し優しくフォローしたりしています。
もちろん信念として事件に対する忌避感は持っていて、それが必要な業界ではあるかと思いますが、時たま見せる人情派なところにグッとくるファンの方は多いのではないでしょうか。(私もそんな1人です。)
「課題解決しておしまい」ではなく、「その後も踏まえてお客様と接することが出来る」のが小五郎のおっちゃんです。

当事務所が接するお客様に対しても、一過性のサービス提供ではなく、お客様のパートナーとして継続的な関係性の中でお客様を支えていきたいと強く思っています。

最後に

小五郎のおっちゃんを全て真似しようとするとダメダメな事務所になってしまうと思う方も多いでしょう。ここまで書いてきてなんですが、私も全部真似しようとは全く思っていません。
ですが、学ぶべきところも多く、上にあげた点では毛利探偵事務所はとても素晴らしい事務所です。

当事務所もこの3点は常に意識しつつ、お客様のためになるサービスを提供し続けていきたいですね。

アカウンセル税会計事務所
公認会計士・税理士 清水 寛司

関連記事

月を選択